20代で投資をすると失敗することが多い?

初めまして、パンダ寝太郎です。

20代で投資をしている人ってあまりいませんよね。初めていれば早い方だと思います。

また、儲かっているのは少数ではないでしょうか。

そんな訳で、自分への戒めも兼ねて書いていこうと思います。

20代の株で失敗する人の特徴① 無駄に貯金がある

貯金があることは、大変すばらしいことです。節約や我慢をしてコツコツ貯めてきたお金は大切なものです。

しかし、通帳のお金というものは現実身がありません。頑張って貯めてきたお金も、ただの数字の羅列に見えてしまいます。

そうなると、貯金(お金)の重大性が薄れてしまい、考えも無しに大金をつぎ込んでしまいます。

20代の株で失敗する人の特徴② ブログ等をバカ正直に受け入れる

初めは誰しもが知識を求めて、ネットを巡回します。その中で自分の理想に近い運用であったり情報を見つけるのです。

そして、それが間違いだとしても、ブログの言われた通り米株を買ってしまうのです。

20代の株で失敗する人の特徴③ いつか上がると信じている。先は永いから・・・

どれだけ株価が下がろうと、持っていればいつか上がると信じてます。そもそも、買った金額より低い金額では売れない。

売ると損をすることになる。塩付け状態となる。そうして、含み損だけが拡大していく。

20代の株で失敗する人の特徴④ 目標が夢を見すぎている

正直、配当金で生活するための資金を貯めようと考えた場合、一番大事なのはお給料です。

10年間で頑張って株で利益を出したとして、良くて数百万、インカムゲインではとても無理です。

なので、20代の内は自分の技術やスキルを磨き、将来的にお給料UPを狙ったが良いと思います。

資格取得等で月2万給料が上がることは、年5%の高配当株に500万投資しているのと同義です。

でも自己責任だし文句ないよね

結局のところは自己責任です。

お金の無い私たちは、自由な生き様な20代を羨ましく見ているしか無いのです。

お疲れさまでした。
米株ランキングに参加しています。宜しければクリックお願いします。

にほんブログ村
スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする